楽な自殺

一番楽な自殺って?

一番楽な自殺って?

 

楽な自殺

自殺の動機の大半は、生活苦によるもの、という資料があります。自殺するときは楽な自殺を望みます。
そして生活苦といえば、理由はだいたい金銭的な悩みです。

 

 

金銭の悩みが動機で楽な自殺を選ぶ人の中には、生活保護などの社会的な支援が受けられなかったというケースも存在するのでしょうが、おそらくそれは少数派です。

 

楽な自殺

そして金銭的な悩みの代表各といえば、借金です。さらに借金問題の多くはばくちに手を出して破滅してしまうというケースです。そんな時楽な自殺をヵンがえてしまうようです。

 

 

借金が身の破滅の幕開けならば、ばくちは、じゅうぶん楽な自殺の引き金になり得ます。一度でも勝って良い思いをしてしまうと、その快感が忘れられずにのめり込み、麻薬のようにやめたくてもやめられなくなってしまいます。発端はほんの小額の借り入れだったかもしれません。
しかし、少しずつと思って借り入れと返済を繰り返しているうちにだんだんと金額が膨らみ、気付いた時には手遅れ、楽な自殺をしていたというのは決して珍しい話ではありません。

楽な自殺

 

負けが込んで先立つ物が無くなったら、潔くそこでやめれば良いのですが、借金してまでもやり続けてしまうから始末におえません。いつの間にかとてつもない借り入れ額となり、返済不能になってしまったあげく、楽な自殺を選んでしまう人が、掃いて捨てるほどいるのです。

楽な自殺

ばくちなどは、やらないに越したことはありません。自殺では楽な自殺はないのです。

楽な自殺方法がないか考えたことありますか?

楽な自殺方法がないか考えたことありますか?

 

楽な自殺

最初はわずかな額でも構わないので、とことん借り手から搾取するのが闇金の本当の狙いです。闇金の恐ろしさが身に染みるのは返済が滞ってからで、闇金はその時に本領を発揮します。 親兄弟含めた家族などにも闇金からの取り立てが行きます。闇金の債権回収の恐ろしさは、半端ではないのです。楽な自殺も考えてしまいます。

楽な自殺

闇金からお金を借り入れる人は大抵お金に困っているので、数万円の利子すら返すことが難しいこともよくあります。取り立ての激しさに参って携帯電話の電源を切ってしまうと、闇金は借り手が返済を拒否したとみなします。それこそが闇金業者の狙いであり、少しでも返済が遅れようものなら、一気に債権回収に徹してきます。その場合の標的は借り手の子どもです。小学校低学年の子どもに対しても登下校時などを狙って声をかけ、親に借り入れを返済するよう話すように言います。場合によってはこのことが原因で子供が学校でいじめられます。
楽な自殺
闇金がお金を貸す目的は、当然借り手への経済的な支援ではありません。 楽な自殺でもしない限り闇金は卑劣な手段を使って取り立てを行いますが、だからといって借りたお金まで踏み倒そうなどとすると、借り手当人だけでなく、家族が危機にさらされることになります。一家で楽な自殺を考えてしまうでしょう。
楽な自殺方法がないかとそればかり考えてしまうでしょう。

楽な自殺